オーガニックシャンプー?

オーガニックシャンプーってどんなシャンプーなの?

オーガニックシャンプーの口コミが気になるって方も多いと思います。

そんなオーガニックシャンプーを調べて見ました。

オーガニックシャンプーとは?

自然由来の原料で作られているシャンプーがオーガニックシャンプーと言われています。

オーガニックシャンプーで使われるオーガニックとは「有機」って意味だそうです。元々オーガニックという言葉は農業の言葉で、無農薬で有機肥料など使用して作られた作物の事を指す言葉でした。

その言葉が語源となり自然の原料で作られたシャンプーがオーガニックシャンプーなのです。

自然の原料で作られているシャンプーのため、無添加のシャンプーがほとんどです。オーガニックシャンプーは毛髪・頭皮に優しい物が製品が多いのも特徴です。

毛髪・頭皮に優しいのはもちろん、地球環境にもいいシャンプーなのです。

泡が流された後は、天然成分で作られているため100%自然に帰る優しいシャンプーなのです。

オーガニックシャンプーの効果・メリット

(1) 頭皮に優しい

低刺激で髪や頭皮に優しいボタニカルシャンプーを使うメリットは、洗浄力の優しさです。

頭皮を守るために必要な皮脂を残して洗う事で、バリア機能が正常に働き頭皮環境の改善効果があります。

薄毛や抜け毛で悩む人の多くは頭皮環境に何らかのトラブルがあるようですので、毎日のシャンプーで頭皮環境を整えられるというのはメリットが大きいです。

刺激は少ないですが余分な皮脂や汚れは洗い落とせますから、衛生面の問題も起こりません。

(2) 美髪効果

頭皮にも優しいですが、髪の毛を美しくする効果も期待できます。必要な皮脂を残しますので頭皮が乾燥しにくくなるのと同時に、髪の毛も程良く保湿効果があります。

保湿効果で潤いのある髪の毛になりますので、きしみやうねりなどで悩んでいた髪の毛も見違えるように自然な美しさになります。

美しい髪の毛の状態にする為には、やはり頭皮のコンディションを自然で健康的な状態にすることがとても重要だといえます。

(3) 乾燥肌やフケ対策に

保湿効果があり、乾燥肌やフケ対策にも効果のあるボタニカルシャンプーですが、皮膚剥けになっている所が改善されてフケが出なくなります。

保湿効果があるので、乾燥肌対策にも有効ですが、頭皮が乾いて痒くなる人にも効果的です。

痒みが出る原因の多くは乾燥なので、乾燥状態を改善してくれるボタニカルシャンプーはとても効果的です。

オーガニックシャンプーのデメリット

(1) シャンプーの消費期限がある

良質なオーガニックシャンプーは消費期限を過ぎてしまうと効果が薄れることがあります。消費期限の記載がない場合は開封後2から3ヵ月で使い切りましょう。
無添加のオーガニックシャンプーで注意したいのは容器に生える「カビ」なのです。

なるべく風通しの良い場所での保管をオススメします。

(2) 洗浄力が弱く臭いが残る

オーガニックシャンプーは洗浄力が弱い製品が多のでしっかり洗うことが重要です。

今で通りしっかり洗ったつもりでも、すすぎ残しにより耳の後や襟足に汚れが残ってしまう事があります。

オーガニックシャンプーを使う場合は通常より1.5倍程度時間をかけて細かなところまでしっかりすすぐと良いでしょう。

市販のシャンプーとオーガニックシャンプーとの違い

(1) オーガニックシャンプーは頭皮・髪に低刺激で優しい

化学物質を使用せず天然の原料を中心に製造されているので、オーガニックシャンプーは市販のシャンプーと比較して頭皮・毛髪に低刺激なのです。

市販のシャンプーを使用されている方はあまり意識をしていないかもしれませんが、市販のシャンプーの洗浄成分は頭皮・毛髪にとって刺激が強すぎるのです。製造単価を安くする目的で、化学成分など安価な原料を使用しています。

その中でも「ラウリス硫酸Na」「ラウレル硫酸Na」などの成分が含まれているシャンプーは頭皮に刺激が強いので、皆さんも自分の使っているシャンプーの成分表など見て確認してください。

市販のシャンプーとは違いオーガニックシャンプーは頭皮・毛髪に優しいシャンプーなのです。

(2) 頭皮環境を整えてくれる天然成分が配合されている

オーガニックシャンプーは市販の大量生産のシャンプーとは異なり、髪や頭皮や地球環境などに真剣に向き合って製造されている製品が多いです。

その結果、頭皮・毛髪に良い成分が含まれている場合が多いのです。

市販のシャンプーは強い洗浄成分のため、髪がシャンプー後にパサパサになります。パサパサになると売れないので、それを誤魔化すために髪をコーティングして、サラサラにするシリコンなどが配合されている製品が多いのです。

このシリコンは短期的にサラサラにしているだけなのです。しかし、オーガニックシャンプーの天然成分は頭皮・髪をきちんとケアしてくれる良い成分が入っているのです。

 

市販のオーガニックシャンプーのおすすめは?

市販のオーガニックシャンプーはおすすめできません。
なぜならシリコンや洗浄力が強い成分が配合されている場合が多いからです。
購入する前に洗浄成分は「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」「オレフィンスルホン酸亜鉛」を確認される事をお勧めします。

これらの成分配合の場合は、肌が弱い方や小さな子供に使用は控えた方が良いでしょう。

オーガニックシャンプーの選び方

オーガニックシャンプーを購入する時に、気をつけて頂きたいポイントがいくつかあるので、紹介していきますね。

日本はオーガニックシャンプーに対する規律のような規則が存在していません。極端な話、天然成分が少しだけ入っていれば、例え化学成分が大量に含まれていてもオーガニックシャンプーとして販売している業者もあります。

フランスなどでは認定機関が認定して製品でないと オーガニックと名乗ってはいけないのです。

オーガニックシャンプーを購入する場合の注意点を具体的に説明します。

(1) 強力な洗浄成分に要注意

市販のシャンプーには「ラウリス硫酸Na」「ラウレル硫酸Na」という成分配合商品があります。オーガニックシャンプーを購入する時は、これらの成分が含まれていないかしっかりとチェックをするようにしましょう。

成分表記はごまかすことは出来ないので、しっかりと成分を見て購入してみてくださいね。

(2) シリコンなどの化学成分に要注意

髪をコーテイングしてサラサラな手触りにしてくれるシリコンなどの化学成分には十分注意をしてくださいね。

天然成分のシャンプーだと思って購入をしてみたら実は化学成分が含まれて頭皮・毛髪に良くなかったら最悪ですよね。具体的に注意する成分は?

シロキサン
ジメチコン
シクロメチコン
シロキ
シクロペンタシロキサン

(3) 香りで選ぶ

オーガニックシャンプーは香りにもこだわってった商品が多いです。ボタニカルシャンプーの香りはフローラル系や柑橘系の香りなど多くの種類がありますが、大きく分けると「さわやかな香り」・「甘い香り」の2種類のどちらかとなります。香りで選びたい方は成分には問題がないので自分が好む香りを選びましょう。

しかし、有効成分がきちんと配合されているかどうかは事前に確認しましょう。それから同系のシャンプーとコンディショナーなどを使用することで、洗うときに香りを楽しめるので選ぶときに参考にしましょう。

(4) 髪質で選ぶ

オーガニックシャンプーを選ぶ時は自分の髪質タイプで選ぶ事も重要です。自分の髪質タイプが分かっていればさらに自分に合うオーガニックシャンプーを使用することができます。例えば、軟毛で髪が広がりやすい髪質の人は適度な水分とハリコシ効果があり、保湿に有効なオーガニックシャンプーがベストです。

オーガニックシャンプーって価格は?

通常の市販のシャンプーと比べ、オーガニックシャンプーは安くはないです。化学成分など安価な成分を使わないようにして作られ、頭皮・毛髪に良い天然成分をたくさん配合しているシャンプーなので、どうしても従来のシャンプーより高くなってしまいます。

シャンプーだけではなく、服や食べ物全般に、いい物はやはり高いんですよね。

これはどうしてしもしかたないです。だからいいシャンプーを使って、健康な頭皮・毛髪を手に入れて欲しいです。

最後に

いかがですか? オーガニックシャンプーには興味を持って頂けましたか?

オーガニックは美容業界でも注目の言葉です。色んなオーガニック商品も発売されているので比べてみて下さい。

当サイトおすすめのオーガニックシャンプーはハーブガーデンシャンプー&コンディショナーです。

オーガニックシャンプーのハーブガーデンの口コミは

こちらのサイトに詳しく書かれていました。