水泳はダイエット効果があります

これから夏に向け水泳をする機会が多くなると思います水泳は有酸素運動でダイエット しようとする形や少し暇になったと最近心配に思われてる方とか高齢になった方なども負担が小さく有酸素運動ができる効率の良い運動です.

水泳によって得られる効果は4個あります

ダイエット効果

脳の活性化

筋トレ効果

病気のリスクが少なくなります

まずカロリーを消費して脂肪を落としやすくなります

水に浮かんでいることで足や腰に負担をかけることが少ないのでご年配の方やひまによって体重が増加してしまった方などは特にお勧めできる運動方法だと言えます。

それと同時に食事にも十分気を使うことで脂肪を落としやすくなることがありますまず摂取カロリーよりも消費カロリーが多いと体脂肪は落ちていきますのでカロリーの高いものまた糖質の多いものは避けるようにしたほうがいいでしょう。

 

まず市民プールやスポーツジムなどをプールをできる場所はたくさんありますが場所は自宅から通いやすいプールを使用するのが良いでしょう

もし不安な場合はインストラクターなどに指導を受けることで自分にあった水泳また目的別の水泳方法などが教えてもらうことが可能です

ダイエット目的でやるのであればやはり毎週3回から4回の水泳をすることが効率的で良いと思われます

実際ダイエットでやろうとすると筋トレをやった後に泳ぐと脂肪がどんどん減ってくるのでダイエット効果があるでしょう

泳ぐ前には必ずストレッチをする必要がありますいきなり泳いでしまうと筋肉が柔軟性を持っていないので筋肉痛になったり釣った ことがありますので十分注意してください

まず水泳は30分から1時間を目標にやると良いでしょう

脂肪を燃やすダイエットをしたい場合にはクロールなど激しい運動ではなく 回数を多くする方がダイエット効果が高いでしょう

また泳げない方もたくさんいらっしゃると思いますのでその前は水中の中でウォーキングをすることがダイエット効果があります

水に浮く状態なので膝が痛い肩も続けることができますしスイッチ終わることは水の抵抗があるので前に進みづらく非常に運動効果が高いといえます

 

また慣れてくると時間を長くしたり回数を長くしたりして自分に合ったトレーニングを増やしていくことも重要ですまた平泳ぎが慣れてくると今度はクロールなど激しい運動も間に入れながらやると良いでしょう

その場合は 足で強いキックや大きい動作で泳ぐこともダイエットには非常に良いことだと言えます。

 

水泳を長く続けるの今その場所で友達を作ったりまたは最初から友達と一緒に行くことが長く続ける秘訣と言えます

途中で休憩の場合は楽しくおしゃべりして お互いの意識を高めあったりまた以上のことを話すことでストレス発散にもつながりますし思ったより時間が早く感じられストレスも溜まりにくいことでダイエット効果が高まると言えます。

このように水泳と一言に言っても様々な側面があるのでこれから暑い夏にかけては海でプールで色々な場所で水に触れることにより楽しくダイエット効果も期待できる水泳にチャレンジしてみましょう。

 

水泳ダイエットの注意点

水泳ダイエットで一番注意したい項目は体の冷えです

水泳でカロリーを消費していても水泳によって体が冷えてきてしまいます体が冷えると脂肪が燃焼しづらい環境になってくるので ダイエット効果が薄まってきます

だから長時間集中に入るのではなく体から熱が奪われているので定期的に水から出て温かい飲み物などを飲んで体温低下を少しにする工夫も必要になるでしょう

少しでも体調が悪くなってくるとすぐに水泳を停止してそれ以上はやめたほうがいいでしょう

無理をしないようにして自分のペースを作り体調の悪い時は時間を短めにしたり体調が良い時は少し長めにしたり無理したり頑張ったりするのは危険な行為だと言えます

また水泳は短期間でダイエットができるものではないので長期的に考えて長く続けることが必要になります

時間がかかりますがその後のリバウンドは他のダイエットに比べてもしにくいと言えますそれは筋肉がつくこととか代謝があることなどを水泳をやった結果で起こる体の変化によってリバウンドしなくなると感じられると思います

また水泳をするととてもお腹が減ります

お腹が減っても大量に食事をとると消費カロリーより摂取カロリーが増えてしまうので逆に太ってしまいます食べなすぎるのも問題ですが食べ過ぎるのは夫ダイエット効果がなくなってしまいます十分栄養のバランスを考えながらいろんな食事をまんべんなくとっていくことも必要です

初心者の場合はゆっくり余裕を持って時には休み長く続けられる方向を自分で探しながら続けてください